石川県産の大豆は、県内で約1,500ha作付されています。
 石川県産大豆の主な用途は、「豆腐」や「油揚げ」ですが、納豆用専用品種にも取り組んでおり、「石川県産大豆」を使った大豆商品をスーパー等で見かける機会も増えてきています。
「豆腐・油揚げ」向けの主な作付品種は、「エンレイ」ですが、近年は「里のほほえみ」という新しい大豆の作付けが増えています。その他には、「豆腐・油揚げ」向けの「フクユタカ」、納豆向けの「コスズ」も作付されています。
右上写真は、大豆の圃場です。


石川県産大豆「コスズ」
100%使用
こすず納豆
豆腐